• ポジティブ サイコロジー スクール

お申し込み・お問い合わせ
TEL: 03-6869-6493
Eメール: info@positivepsych.jp

ポジティブ心理学を学ぶ「TEDトーク」7選

マーティン・セリグマン教授『ポジティブ心理学』

TEDビデオ(日本語字幕つき)のリンクはこちらLinkIcon

TED会議(2004年2月)


マーティン・セリグマン教授は、ポジティブ心理学の創始者の一人として知られています。彼が全米心理学会会長であった1998年にこの新分野を提唱し、その後も米・ペンシルベニア大学大学院教授の職務を遂行すると同時に、ポジティブ心理学分野の研究の支援・発展と次世代のポジティブ心理学者の育成にあたってきました。

Seligman2.jpg

セリグマン教授を心理学の第一人者に押し上げたのは、しかしながらポジティブ心理学とは対局の研究でした。それは、病が原因で肉体的にも精神的にも無力になった父親を見たときのショック体験が動機付けとなり、たまたま居合わせた研究室で行われていた犬の実験を観察したときの洞察がきっかけとなった、「学習性無力感」の研究でした。その功績で、セリグマン教授はうつ病と異常心理学の世界的権威となったのです。

417QPGAMXTL._AA115_.jpgところが、その研究をしているうちに、対象者の中にどれほど失敗やストレスに直面しても、立ち直りが早い人がいることに気付きます。失職・失恋・病気・離別などつらい経験をした後、絶望に打ちひしがれるのではなく、めげずに再起し幸せに生きていく人がいる。なぜか? この疑問が、セリグマン教授を「楽観性」の研究へと導きました。(詳細は「オプティミストはなぜ成功するか」を)

Seligman book.jpg無力感の研究から楽観性へ、そしてさらに包括的なポジティブ心理学へと、セリグマン教授は研究領域を拡大し続けます。初期のポジティブ心理学研究がまとめられた著書(「世界でひとつだけの幸せ」)は欧米でベストセラーになり、幸福度研究がメディアで多く取り上げられるようになりました。その後、セリグマン教授はTED会議に招かれ登壇します。テーマはもちろん「ポジティブ心理学」です。


Seligman1.jpgこの講演の中で、セリグマン教授は「心理学は人の短所と同じように強みにも関心を向けるべきである」と語ります。そして「通常の人々の人生をより充実させること」にポジティブ心理学の研究は貢献出来るとしました。それはさまざまな幸福度を測定し、強みと長所を分類して理解することであり、幸福度が非常に高い人とそうでない人との違いを分析することも含まれます(その違いについては、ビデオをご覧下さい)

後半に語られる、幸せな人生を送るための3つの生き方は注目に値します。その考え方は、その後幸福度を高めるための5つの道である「PERMA」に引き継がれますが、初期のポジティブ心理学の考え方を非常にわかりやすく教えてくれます。

ポジティブ心理学の学習者、応用者、そしてよい仕事とは何かを模索し、よい生き方は何かを思索している人には、ぜひおすすめのTEDトークです。

ポジティブ心理学を学ぶ
「TEDトーク」7選

マーティン・セリグマン教授

Seligman1.jpgポジティブ心理学の創始者の一人であるセリグマン教授が語る「ポジティブ心理学」

詳しくはこちらLinkIcon

ミハイ・チクセントミハイ教授

チクセントミハイ1.jpg没我・没頭、しかも卓越性がもたらされる「フロー」の研究の第一人者が語ります

詳しくはこちらLinkIcon

ダニエル・カーネマン博士

Kahneman1.jpg心理学者でありながらノーベル経済学賞を受賞した「行動経済学」の創始者が語る「経験と記憶の謎」

詳しくはこちらLinkIcon

ダニエル・ギルバート博士

Gilbert2.jpg「感情予測」の研究で有名なハーバード大学教授が伝える「私たちが幸福を感じる理由」

詳しくはこちらLinkIcon

ポール・ブルーム博士

Paul Bloom1.jpg米国の名門イェール大学教授が伝える「喜びの源泉」とは?

詳しくはこちらLinkIcon

バリー・シュワルツ博士

Shwartz 2005 2.jpg先進国での選択の豊富さは、私たちを無力にする「選択のパラドックス」とは?

詳しくはこちらLinkIcon

ショーン・エイカー

Achor3.jpg「幸福優位7つの法則」の著者が語る、幸福と成功の意外な関係性とは?

詳しくはこちらLinkIcon