第一人者が来日、組織向けレジリエンス講師を認定するコース開講!




  • ポジティブ サイコロジー スクール

お申し込み・お問い合わせ
TEL: 03-6869-6493
Eメール: info@positivepsych.jp

Team resilience 2.pdf

ストレスチェック後の課題


ストレスで心身の健康状態を崩す人が増加しています。
従業員50人以上の事業者では、ストレス度合いを調査・分析する検査「ストレスチェック」が義務付けられました。
その目的は、従業員にストレスを気づかせると共に、調査結果を職場環境の改善につなげることにあります。
ところが、多くの企業ではストレスチェックを「やりっ放し」で、改善アクションが十分にとられていません。


注目される「レジリエンス」


一方で海外では、ストレスをネガティブに捉えるのではなく、ストレスへの強さを高める手法が着目されています。
それがグローバル企業や軍隊・刑務所・警察署で注目されている「レジリエンス・トレーニング」です。
ストレス耐性を高め「メンタルヘルスの一次予防」として、国内でも企業や自衛隊、学校などで導入されています。
また、個人の変化適応力・目標達成力などのプラス面を伸ばす「ポジティブ メンタルヘルス」にも分類されます。

当スクールでは、世界各国で導入されている『SPARKレジリエンス』を教える講師を数多く育成してきました。
この度は、チーム・組織向けのレジリエンス・トレーニングを教える講師の育成コースを新たに開講します。


「チーム・レジリエンス」とは?


当コースでは、心理学者のイローナ・ボニウェル博士が開発た「SPARKレジリエンス・トレーニング」を土台に、ポジティブ心理学の研究を組織風土改革に応用した手法を習得します。
参加者は以下の力を習得することが期待できます。

・ストレス体験の「捉え方」を柔軟にすることで耐性を高める「SPARKモデル」
・ストレスに強いチームを育成する組織向けポジティブ心理学介入法
・前向きな組織風土(Positive Climate)を生み出すポジティブ・プラクティス
・チームのレジリエンスを高めるリーダーとメンタルを脆弱にさせるリーダーの違い
・職場ストレスの5大原因に有効な組織的対策とは?


講師の教養としての「幸福学」の学習


さらに、当コースでは、講師の教養として「ウェルビーイング(幸福学)」についての知識を深めます。
大学院で教えられている応用ポジティブ心理学修士課程で使われた教材を基にしているため、実用的な手法とともに、学術的な知識も深まります。

Team resilienceコース内容1.pdf

※ポジティブ心理学入門講座は単体での受講ができます。同講座の受講からをおすすめします。

受講生だけの3大特典

Certificate sample.pdfスクリーンショット 2017-03-26 12.00.49.png①チーム・レジリエンス研修講師としての認定書を差し上げます
②64種類の手法をまとめた「ポジティブアクションカード」を提供、また研修向けに特別価格でセット購入可能
③研修で使用可能なパワーポイントファイルを提供します

主任講師


イローナ・ボニウェル博士
Ilona 2.png
博士(心理学)
英・アングリアラスキン大学大学院 国際応用ポジティブ心理学修士課程 主任ディレクター
・欧州におけるポジティブ心理学の第一人者であり、SPARKレジリエンス・トレーニングの開発者。
・欧州初の「応用ポジティブ心理学修士課程(MAPP)」をイーストロンドン大学に創設、責任者となる。
・セリグマン教授の依頼で、ポジティブ心理学欧州ネットワーク(ENPP)を創立、第一回国際会議を主宰。
・国際ポジティブ心理学協会(IPPA)では副会長として、世界のポジティブ心理学の普及と発展に貢献。
・国連の依頼を受け、GNHで有名なブータン王国の政策を他の先進国への応用するプロジェクトを主導。
・ロレアル、Marsなどの企業や各国の大学などの高等教育機関へのコンサルティング・研修も行う。
NHK「クローズアップ現代」でも取り上げられた。
519OFfjethL.jpg1_Positive-Psychology-in-a-Nutshell.jpg3_Oxford-Handbook-of-Happiness.jpg5_Positive-Psychology-Theory-Research-and-Applications.jpg
主な著書:
『ポジティブ心理学が1冊でわかる本』
『Positive Psychology in Nutshell』
『The Oxford Handbook of Happiness』
『Positive Psychology』
(クリックするとAmazonにリンクします)

カリキュラム

チーム・レジリエンス講師認定講座


257408.jpg担当:イローナ・ボニウェル博士(通訳付)

チーム・組織向けレジリエンス研修プログラムの開発者であるボニウェル博士から直に学ぶ講座。
博士は、心理学の理論と研修技術をわかりやすく教えることに定評があります。
講義だけでなく、演習も豊富で、講師になる前に充分な体験学習の機会が得られます。
内容の濃い充実した3日間の最後には、理解度を確かめるための筆記テストがあります。

・1日目 SPARKレジリエンス(組織編)
・2日目 ポジティブ組織風土育成の手法 基礎編
・3日目 ポジティブ組織風土育成の手法 発展編

講師のプロフィールはこちらLinkIcon

ポジティブ心理学入門講座


肖像写真 2014 カラー スクエア.png担当:久世 浩司(当スクール代表)

ポジティブ心理学の基礎を1日で体験学習する人気講座です
セリグマン博士が伝える「幸福度を高める3つの道」に従い、
フロー体験、ポジティブな感情、意義ある生き方などを理解し、演習を行います。

講座の詳細はこちらLinkIcon
講師のプロフィールはこちらLinkIcon

ウェルビーイング(幸福学)講座


担当:久世浩司(当スクール代表)


大学院での講座内容をベースに、レジリエンス講師の教養として必須の『ウェルビーイング(幸福学)』を学びます。


第一回:幸福学概論、ヘドニズムとユーダイモニズム、仕事・組織における幸福
第二回:人間関係と幸福、お金と幸福、日本社会と幸福
第三回:応用実践演習、総括

講師のプロフィールはこちらLinkIcon

スケジュール(2017年春 第1期) 【受付開始】


・チーム・レジリエンス講師認定講座 5/3(祝), 4(祝), 5(祝) 10:00 - 18:00


・ウェルビーイング(幸福学)講座 5/20(土), 5/21(日), 6/17(土)10:00 - 18:00
※ 最終日の6/17は受講生が各自課題を発表する「実践演習」が中心となります。


・ポジティブ心理学入門講座 7/30(日) 10:00 - 18:00 ※ 都合の悪い方は、後日開催日に振替可能です


【備考】
・本講座の修了・認定には、上記3講座の受講と認定試験(筆記)の合格が必要です。
※レジリエンス講師認定者の場合は、5/3,4,5と6/17の4日間の受講と認定試験の合格が必要です
・ご都合が悪い方は、次回日程に振替が可能です。日程は、決まり次第事務局から連絡いたします。
・ポジティブ心理学入門講座とウェルビーイング講座に関しては、1回のみ音声録音による自宅受講が可能です。
・以前にポジティブ心理学入門講座を受講された方は、受講料と参加が免除されます。

詳細


応募要件・定員

・社会人経験が3年以上の方、定員20名

修了条件:

・受講時間数
・筆記試験 チーム・レジリエンス認定講座の最終日に行います)

資格

・組織向けレジリエンス・トレーニング講師認定書(Executive Certificate in Organizational Resilience Training Instructor)

発行機関

・The School of Positive Psychology(シンガポール)とPositran(フランス)

会場

・ポジティブ心理学入門講座:東京・神田会場(神田駅徒歩1分)アクセス
・その他の講座:東京・九段下(九段下駅徒歩1分)アクセス

備考

・受講者数により会場が変更となる場合があります。必ず1週間前の事前告知メールをご確認ください。
・講座中の撮影・録音、講座内における営利目的の活動は、お断りさせていただいています。


受講料(税込)

【一般】
・一括(銀行振込、クレジットカード、コンビニATM) 420,000円
・分割払い(クレジットカード、手数料込み) 36,000円 X 12回

【特別割引(レジリエンス講師 認定者
・一括(銀行振込、クレジットカード、コンビニATM) 280,000円
・分割払い(クレジットカード、手数料込み) 36,000円 X 8回

ポジティブ心理学入門講座の受講者
・一括(銀行振込、クレジットカード、コンビニATM) 385,000円
・分割払い(クレジットカード、手数料込み) 36,000円 X 11回

(注)
・受講料の中には講師認定料、及び教材使用料が含まれています。


キャンセル規定

・講座の3日前〜前日 50%の返金   
・開催日当日 返金なし
※ 初回科目がキャンセル規定の対象となります。ご注意下さい。

特典

【講師用スライド】研修などで使用可能なレジリエンス講師用のスライドをパワーポイント形式で提供します。
【教材の購入】研修で使用可能なカード教材一式を特別価格で購入できます。
【再受講制度】次回以降、規定の単科目料金の約3分の1の額で再受講が可能です。
【セミナー割引】継続学習の機会として、当スクール主催の講座・セミナーを割引価格で提供します。
【宿泊サポート】首都圏以外から通われる受講生には、無償の宿泊サポートがあります。

受講までの流れ

<銀行振込・分割払いでのお支払い>
【1】右のリンクから申込書をダウンロードして下さい。  【ダウンロードはこちら】
【2】右のリンクから受講規約をダウンロードしご確認下さい。  【受講規約はこちら】
【3】申込書に記入し、メール(スキャン/写真)かFaxで送付してください。
【4】事務局から2〜3日後に受付確認のメールが送付されます。
【5】所定の銀行口座に振込か分割払いの手続きをお願いします。
【6】事務局から2〜3日後に申込完了のメールと領収書が送付されます。


クレジットカード・コンビニATMでのお支払い
【1】右のリンクからPeaTixのサイトへ移動してください。LinkIconリンクはこちら
【2】カードでのお手続きの時点で、申込が完了となります。
【3】サイト内で申込者名にて領収書が発行されます。
 ※ 法人名での領収書が必要な方は事務局にご連絡下さい。
【4】事務局から2〜3日後に申込完了のメールが送付されます。

事務局
info@positivepsych.jp

お問い合わせ
TEL:03-6869-6493
受付時間内(9:00~18:00)
不在の場合は、ご用件をお伝えください。折り返しご連絡致します。

よくあるお問い合わせ


Q1. 認定後はどのような活用方法がありますか?

A1. ストレス・チェック後の組織対策やメンタルヘルスがテーマの法人研修、講演会、セミナーなどに幅広い活用することができます。

Q2. 「レジリエンス講師認定コース」との違いは何ですか?

A2. 当コースは、チームや組織のレジリエンスを育成することを目的としています。一方で、「レジリエンス講師認定コース」は、個人のレジリエンスを高めることを目的としています。

Q3. 講座に出席できない場合は、どうすればいいのですか? 振替は可能ですか?

A3. 次回の同じ講座に振替が無償で可能です。また入門講座とウェルビーイング講座は、1日のみであれば音声録音と資料による自宅受講ができます。ご希望の場合は、必ず3日前までに事務局までメールでご連絡下さい。3日前を過ぎると欠席扱いとなります。

Q4. 当スクールで初めて受講します。どの講座から受講することがおすすめですか?

A4. まずは「ポジティブ心理学1日入門講座」の受講をおすすめします。

Q5. キャンセル規定について教えて下さい?

A5. 返金規定は以下となります。キャンセルの申請は、メールで事務局までご連絡下さい。
□ 最初の講座の3日前〜前日まで:全受講料の50%の返金
□ 最初の講座以降:受講料の返金は致しません

Q6. 認定のためには何が必要ですか?

A6. 三講座(ポジティブ心理学入門、ウェルビーイング講座、チーム・レジリエンス講師認定講座)の受講、及び認定試験の結果により合否が決まります。不合格の場合は、再受講をしていただく必要がありますので、ご了承ください。

Q7. 認定試験はどのような内容ですか?

A7. チーム・レジリエンス講師認定講座の内容の理解度を確認することを目的とした筆記試験です。同講座の最終日に試験が実施されます。

Q8. 認定には「レジリエンス講師認定コース」を受ける必要はありますか?

A8. それぞれのコースは独立した内容になっていますので、認定のために両方のコースを修了する必要はありません。

Q9. 認定はどのような名称ですか?

A9.「組織向けレジリエンス・トレーニング講師認定書」となります。履歴・名刺には「組織向けレジリエンス・トレーニング認定講師」とお書きください。

Q10. 子どもや学校向けにもレジリエンス講座を教えることができますか?

A10. 当コースは社会人を対象としています。小学生から大学生、学校関係に向けての講習は、日本ポジティブ教育協会が主催する養成講座をおすすめします。