話題の「レジリエンス」を国内の第一人者から学ぶ2日間集中講座




  • ポジティブ サイコロジー スクール

お申し込み・お問い合わせ
TEL: 03-6869-6493
Eメール: info@positivepsych.jp

バナー レジリエンス集中講座.pdf

ストレス下でも成果をあげる人の特性「レジリエンス」

変化が激しく様々なストレスやプレッシャーがある中でもパフォーマンスを発揮し、
緊張や重圧を感じる本番でも結果を出すことができる人材が求められています。
その中で最近注目を集めるのが「レジリエンス」です。


国内外企業で注目を集めるレジリエンス

ゴールドマン・サックス、グラクソ・スミス・クライン、ロイヤル・ダッチ・シェル、IBM...。
変化が早く、競争が激しい業界で働くグローバル企業の社員には、
既にレジリエンス研修が導入されています。


経営誌「ハーバード・ビジネスレビュー」では以下のように紹介されています。

「教育や経験や訓練よりも、個人のレジリエンスのレベルは、
誰が成功し誰が失敗するかを決定づける」


国内の企業でも、人材育成の一環としてレジリエンス研修が導入されています。

(敬称略、順不同)東京三菱UFJ信託銀行、東京海上日動株式会社、日立総合経営研修所、株式会社リクルートライフスタイル、東京電力株式会社、野村證券株式会社、株式会社 電通、株式会社ウィルグループ、富士通FOM株式会社、タワーズワトソン株式会社、西部ガス株式会社、三菱重工業株式会社、その他、企業、病院、自治体など多数。


今、レジリエンスが必要とされる3つの理由


【ストレス対処力】ストレスや多忙で精神が疲労している人が増えています。とくにうつ病は社会問題であり、職場での心の病の深刻化に対応するために「ストレスチェック」の義務化が考えられています。長いキャリアを健康でイキイキと勤め上げるためにも、「折れない心」を形成するレジリエンスが必要となります。


【変化適応力】急速なグローバル化や技術革新、組織変革などが多いビジネスシーンでは、「変化」に抵抗せず、柔軟に適応できる能力と失敗・試練に負けないメンタル面でのたくましさが必要不可欠となります。


【目標達成力】困難な業務を目の前にして、失敗を怖れ「行動回避」する人が増えています。課題に対して最初から「無理」と考えず、諦めることなくやり遂げる意志の力と達成する自信をレジリエンスの高い人は有しています。


レジリエンスを高める7つの技術


レジリエンス・トレーニングは精神論的な修行とも自己啓発的なメンタル強化法とも異なります。
当講座では、レジリエンス・ポジティブ心理学・認知行動療法・PTGの科学的な研究をもとに
レジリエンスを高める7つの技術を学習します。

レジリエンス ピラミッド.jpg


打たれ強い人材のもつ5つの特徴を理解


さらには、事前のオンライン診断により、受講者本人の「レジリエンス度」を把握。
講座でレジリエンスの5つの構成要因を理解し、その特性を習得することで
打たれ強い人材に変わる方法を学びます。

講座内容


<概略>
・なぜ失敗を怖れるのか?
・「思考停止」と「行動回避」という問題
・失敗に対処する3つの方法
・個人のレジリエンス診断書の見方


<STEP1>
不安や怒りに悩まされない感情コントロール力
・職場におけるストレスの原因と問題
・失敗に対処する4つの ステップ
・深層心理にある7タイプの「思いこみ」
・「思いこみ」に対処する3つの方法 


<STEP2>
困難を乗り越える「レジリエンス・マッスル」
・ソーシャル・サポートの形成
・自己効力感を身につける演習
・自分の強みの発見
・感謝のポジティブ感情を養う




<STEP3>
逆境体験の教訓化
・PTG(逆境後の成長)とは?
・演習:レジリエンス・ストーリーの開発
・演習:共有と教訓化


<仕事への応用>
ジョブ・クラフティング
・3種類の「仕事観」とは?
・やりがいと動機付けの源泉とは?
・演習:強みを中心に職務を再構築


<行動計画作成>
行動計画作成
・強みベースの行動計画の作成
・演習:ミニチームでの共有とポジティブ・ストローク


※内容は多少変更することがあります

レジリエンス集中講座 受講生の声


「レジリエンスという誰にでも大なり小なり訪れる物を他の人とシェアすることで、勇気をもらえたように思います。これからの自分の人生がワクワクしてきました」

「過去のつらい境遇を思い出したりすることがあまりない(避けている?)ので、そこからいかに回復したかを確認できました。○○犬はとても役に立ちそうです」

「レジリエンスについて、体系立てて学ぶことができました。各部分については、メンタルヘルスやキャリアカウンセリングの領域で学んだり、活用したりしていましたが、体系立てることで理解が深まったり、学んでいく際のオーガナイザーとなると思いました」

「ワークが多く、学びが実践できてよかったです。自分自身の思い込みパターンが理解できた」

「今まで無いものねだりのように感じたポジティブ心理学が現実的で敷居が低くなったようにかんじました、実際の生活の中にもとても取り入れやすく思った」



「ストレスについて客観的な見方をする良い機会になりました。 グループワークの際にそれぞれ別の部屋で作業できたのが集中できてよかった」

「レジリエンスを体系的に学ぶことができました。また自分の逆境からの回復ポイントを再認識することができました」

「誰でも持っているネガティブな思い込みをあることを前提として考えるやり方はとても自然でなじみやすいと思いました」

「レジリエンスという概念が非常に腹落ちした。7つの思い込みを犬がほえることで例えたのはイメージしやすかった」

「多くの文献や資料を紹介いただけるので、自主学習の役にたちありがとうございます。また、みんなでシェアができとても大きな気づきがありました」

「レジリエンス・ストーリーはよく「ライフストーリー」とか何度か書いたことがありますが、毎回下がっているところに注目されているが、今回レジリエンスという視点から話をしたのでとても明るい気持ちになりました」

レジリエンス集中講座 講義の様子

入門1.pngレジリエンスの理論と7つの技術を講師がわかりやすく説明します。入門3.png独自の教材を使用した豊富な演習により体験学習を促進。IMG_5989.jpg社会人経験豊かな受講生同士の共有を促すワークにより、高い実用性が期待できます。逆境グラフ.jpgNHKでも放映された「逆境グラフ」で内省と教訓化を促します

4大特典


Profile.pngCertificate sample.pdfStrengths-Cards-1.jpg8ev82a282b182dd83j815b83h.png①「レジリエンス診断書」
②「レジリエンス集中講座修了書」
③「ストレングスカード」
④「思い込みカード」

担当講師

久世 浩司
_DSC5170Web.jpgポジティブ サイコロジー スクール 代表
株式会社レジリエンスコンサルティング代表取締役
GDAPP(応用ポジティブ心理学準修士課程)修了
IPPA(国際ポジティブ心理学協会)正会員
認定レジリエンス マスタートレーナー
認定ポジティブ心理学コーチ

慶應義塾大学卒業後、P&Gでの勤務を経て、ポジティブ心理学の実務家を育成する社会人向けスクールを設立。応用ポジティブ心理学準修士課程修了。 専門はレジリエンス。企業向けのレジリエンス研修は、NHK「クローズアップ現代」関西テレビ『スーパーニュースアンカー』で取り上げられた。レジリエンスに関する著書、寄稿記事、多数。


主な著書

cover.png表紙カバー2.jpg書影Amazon.jpg『世界のエリートがIQ・学歴よりも重視! 「レジリエンス」の鍛え方』
『なぜ、一流の人はハードワークでも心が疲れないのか?』
『なぜ、一流になる人は「根拠なき自信」を持っているのか?』
『リーダーのための「レジリエンス」入門』
『なぜ、一流の人は不安でも強気でいられるのか?』
『親子で育てる折れない心』
『仕事で成長する人は、なぜ「不安」を「転機」に変えられるのか?』
『マンガでやさしくわかるレジリエンス』
『図解 なぜ超一流の人は打たれ強いのか?』
『成功する人だけがもつ「一流のレジリエンス」』
『眠れる才能を引き出す技術』
『チームで働く人の教科書』


著者公式ページ:最新の本、書評、メディア記事がご覧になれます

詳細


日程

・2017年の回は未定

応募要件・定員

・社会人経験が3年以上の方、定員20名

修了条件:

・受講時間数

資格

・レジリエンス・トレーニング修了書(Certification of Participation - Resilience Training)

発行機関

The School of Positive Psychology(シンガポール本校)

会場

東京・九段下(九段下駅徒歩1分)アクセス

備考

・定員になり次第、締め切らせていただきます。
・講座中の撮影・録音、講座内における営利目的の活動は、お断りさせていただいています。
・同業の方の受講はご遠慮させていただく場合があります。ご了承下さい。


受講料(税込)

・一般:80,000円
・割引:30,000円レジリエンス講師認定コースの修了生と当講座の再受講生)

(注)
・お支払は、一括(銀行振込、クレジットカード、コンビニATM)のみとなります。
・この講座後に、レジリエンス講師認定コースに申し込みをされる場合は、35,000円が割引となります。


キャンセル規定

・講座の3日前〜前日 50%の返金   
・開催日当日 返金なし
※ 初回科目がキャンセル規定の対象となります。ご注意下さい。

受講までの流れ

<銀行振込・分割払いでのお支払い>
【1】申込書をダウンロードして下さい。【ダウンロードはこちら】
【2】受講規約とキャンセル規定をご確認下さい。【受講規約はこちら】LinkIcon
【3】申込書に記入し、メール(スキャン/写真)かFaxで送付してください。
【4】事務局から2〜3日後に受付確認のメールが送付されます。
【5】所定の銀行口座に振込か分割払いの手続きをお願いします。
【6】事務局から2〜3日後に申込完了のメールと領収書が送付されます。


クレジットカード・コンビニATMでのお支払い
【1】PeaTixのサイトにて受け付けております。【日程は後日決定】
【2】カードでのお手続きの時点で、申込が完了となります。
【3】サイト内で申込者名にて領収書が発行されます。
 ※ 法人名での領収書が必要な方は事務局にご連絡下さい。
【4】事務局から2〜3日後に申込完了のメールが送付されます。

よくあるお問い合わせ


Q1. 当講座からは何か認定書は発行されますか?

A1. この講座はレジリエンスに関する体験学習が目的です。参加の証としての修了書はありますが、認定書はありません。講師認定をご希望の方は、レジリエンス講師認定コースの受講をご検討下さい。

Q2. 当講座の受講後に、他のコースを受講する場合、割引はありますか?

A2. はい、レジリエンス講師認定コースの受講料が割引となります。

Q3. キャンセル規定について教えて下さい?

A3. キャンセルの申請は、メールで事務局まで提出して下さい。返金規定は以下です。
□ 最初の講義の3日前〜前日まで:全受講料の50%の返金
□ 最初の講義以降:受講料の返金は致しません

事務局
info@positivepsych.jp

お問い合わせ
TEL:03-6869-6493
受付時間内(9:00~18:00)
不在の場合は、留守番電話にお名前・お電話番号・ご用件を録音下さい。折り返しご連絡致します。