• ポジティブ サイコロジー スクール

お申し込み・お問い合わせ
TEL: 03-6869-6493
Eメール: info@positivepsych.jp

バナー レジリエンス講師認定コース第4期.png

ボニウェル博士の「レジリエンス講師認定講座」カリキュラムの詳細


【第一日目】

レジリエンスとは何か?

Introduction to the science of resilience


博士独自の視点から、30年以上の研究の歴史がある「レジリエンス」について解説します。レジリエンスとは何かに関しての明確な理解を得ます。博士が開発した「レジリエンス・トレーニング」について解説があります。実証的な裏付けとして、レジリエンス研究、ポジティブ心理学、認知行動療法、PTG(トラウマ後の成長)のそれぞれの内容を伝えます。


レジリエンス資源とは

What is Resilience Resource?


職場におけるストレスの問題、仕事での要求とプレッシャーの問題を理解することで、レジリエンスに必要な資源を「心理的なダム」の比喩を使って考えます。


SPARKとは?

What is SPARK?


「レジリエンス・トレーニング」の土台となる独自のSPARKモデルの解説があります。ストレスを感じる出来事が、人々の心の認知プロセスを通してどのように感情や行動に作用するのかの理解を深めます。


思い込みのパターン

The pattern of Perception


出来事を捉える際に、思い込みが影響を与えます。その「捉え方」と「感情」の関係性を理解し、代表的な7種類の思い込みのパターンを解説、自分の体験に基づいてどのような思い込みがあるのかの認識を演習します。


ネガティブ感情

Negative Emotions


このモジュールでは、ネガティブな感情の基礎知識を理解します。ネガティブな感情がどのように相互作用し悪化していくかを理解します。


SPARK解決サイクル

SPARK Solution Cycle


問題や課題を乗り越えるための新しい考え方を身につける「SPARK解決サイクル」の5つのステップについて理解します。


思い込みに挑戦

Challenge your perception


自分の思い込みのパターンをより深く理解します。そして、早急に結論を出さない術を覚え、自分の確証バイアスに注意することができます。


ネガティブ感情の気晴らし

Distract negative emotions


自分の感情がコントロールできなくなったときに、気晴らしをすることが重要であると理解します。自分にとって最適な気晴らしの方法を見つけます。


アサーティブネス

Assertiveness


ストレスの高い人間関係を解消するためのアサーティブネス・スキルを理解し、演習します。



【第二日目】

逆境後の成長

Growth after adversity


レジリエンス資源の一つである心的外傷後の成長(PTG)について学習します。逆境においてポジティブな側面を見出す方法を理解します。


クイック・レジリエンス

Quick Resilience


通常のSPARKのプロセスとクイック・レジリエンスとの違いを理解します。クイック・レジリエンスの技法を演習します。


SPARK資源サイクル

SPARK Resource Cycle


レジリエンスの資源を形成するための5つのステップについて明確な理解を得ます。


状況・戦略

Situation and Strategy


SPARK資源サイクルの1つ目として、状況を冷静に把握し、ステップ・バイ・ステップで改善するための戦略の立て方を学びます。


ポジティブな捉え方

Positive Perception


思い込みにとらわれた解釈から、肯定的に出来事を捉えるポジティブな思い込みについて理解し、自分なりのルーティーンを確立します。


ポジティブ感情

Positive Emotion


SPARK資源サイクルの3つ目として、ストレス耐性を高めるポジティブな感情を形成するさまざまな方法について学びます。


社会的支援

Social Support


レジリエンス資源となる「社会的支援」を理解します。自分の支援者となる人との人間関係の強化を行います。


自信と強み

Confidence and Strength


レジリエンスを形成する「強み」を理解します。自身の上位3つの強みを見出します。さらに過去の逆境を克服したときに活かした強みの理解をすすめます。


クロージング

Closing


レジリエンスを高めるための知識として「SPARKサイクル」「SPARK解決サイクル」「SPARK資源サイクル」のそれぞれの特徴をおさらいします。


※ 多少内容が変更する場合がございます